独自独尊読書日記

本を読んだ感想をつらつらと書いています。 フィクション・ノンフィクション関係ありませんが 基本「フィクション」の感想が多いと思います。 推理小説から純文学まで読みますが ブログには感想を公開したいと思ったものだけを載せています。 「あらすじ」は読んで自分が、こうだろうと思ったものを書いています。 他のサイトからの引用はなるべくしないようにしています。 主観を大切にした、独自、独尊のブログにしたいと思います。

百年泥 第158回芥川賞受賞
石井 遊佳
新潮社
2018-01-24




芥川賞ということで読んでみました。
不思議な話。

これはあらすじ、というものを書くことが難しいので
「百年に一度の洪水で川が氾濫して百年分の思い出や違う世界が泥の中からあふれ出す」
というなんとなくな感じです。

最初は「なんだこれ。何がいいたいんだ?」とハテナマークばっかり。
ああ、なんとなくこういう類の本なのかな?と途中から受け入れて読んでいく。
同じく芥川賞受賞作品の「異類婚姻譚」と似た印象。



この作品、私の感想としては「夢」だ。
夢の中で起きる、あれこれ入れ替わり立ち代わり
人が変わっても、景色が変わっても、時代が変わっても
何も疑問に思わずに進んでいく感じ。
まさに夢。
夢を文章にすると、矛盾や理屈の通らないことしかない。
常識的なことが少しあるとしても
同級生が全然年齢の違う子だったり
友達として出てくるのがまったく仲のいい子でもないどころか
会ったこともない芸能人だったり。
何日も同じ日を繰り返したり
一気に時間が進んだり。
数時間の睡眠でとんでもない冒険をするのが夢だ。

目が覚めれば、矛盾や疑問があることも
寝ている間は当たり前に起こる。
この作品はまさに夢そのものだった。




ただ。
これが芥川賞受賞するほどいい本なのか、ということには疑問。
芥川賞は最近疑問視されることが多い気がする。
けど、又吉というひいき目(?)先入観(?)なしにして
「火花」は面白かった。

私はどこか審査員とは合わないのかな?
でも過去の受賞作の中でも面白いと思ったものもあるけどなあ。


「スクラップ・アンド・ビルド」
「コンビニ人間」なんかはすごく面白いと思った。


今回の受賞作は、もう一作あるので読んでみようと思う。
そういえば芥川賞受賞した「死んでいない者」が本棚に入れたまままだ読んでいなかった。
それも読もう。


スクラップ・アンド・ビルド
羽田 圭介
文藝春秋
2015-08-07



コンビニ人間
村田 沙耶香
文藝春秋
2016-07-27







火花 (文春文庫)
又吉 直樹
文藝春秋
2017-02-10





またまた今野敏です。


「廉恥」というタイトルはなかなか面白いです。

女性の他殺体が発見された。
被害者がストーカー被害の相談をしていたことから
事件は早期解決すると思われた。
ストーカー被害の相談をしていたにもかかわらず事件が起きたとなれば
マスコミの格好の餌食だ。
警察にはできることとできないことがある。
それを説明した上で相談者がどうするかまでは指示できない。
あくまで「相談した」という事実ができればいい・・・?
マスコミに事件が漏れることへの焦りから
事件の解決は思わぬ方向へ二転三転し、誤認逮捕寸前までいってしまう。
本当にこれはストーカー殺人なのか。
被害者はストーカーの被害を訴えていた。
しかし、それは一度ではなかった。
ストーカーは二人いた?


「被害者」だった被害者。本当の被害者は誰なのか、というあらすじです。


これは面白かった。
テンポもいいし、少し疑問に思うという心理がすごく繊細に描かれていて
わざとらしく「そうだろうか?」などと書いてないところがいい。
こういうところで「〇〇はふと疑問に思った」とか書いてあると
いやいや説明しすぎ。読者バカにしすぎ。
とか思うのですが。
まったく自分と似てないと思う登場人物にも
どこか同じ部分が見つかる、すごくうまい描き方がされているのが印象に残りました。
人間関係、家庭問題、なども織り交ぜていますが
事件そのものがおもしろいので、くどくなっていません。


この直前に読んだのが
1998年に出版された「イコン」でしたが
やはり20年の間にどんどん洗練されたんだなという偉そうな感想を持ちました。
余計なものがどんどんそぎ落とされて面白い筋だけが浮き出た感じ。
やっぱり今野敏は面白い。




んーーーーいまいちです。


「パソコン通信」の中に現れたアイドル。
まるで聖画像のようにあがめられる彼女と
実在すると信じながらも、実際に合うことなどなくてもいいという
まるで宗教信者のようなファンたち。
だれも本物の「有森恵美」を見たことがない。
見たことはないけれど絶対に存在する。
有森恵美のライブ会場で起きた殺人事件が連続殺人の可能性が出た。
有森恵美をめぐって繋がっていく二つの事件。



というお話です。
すっごい楽しみにして読んだけど
古いせいかどうもピンとこない。
でもこの時代にすでにヴァーチャルアイドルというものを描いてあることがすごい。
パソコン通信というのが私にはよくわからなかったが
その中で繰り広げられるやりとりやアイドル像の受け取り方なんかは
今の時代の方がむしろしっくりくる。
わたしはこの「有森恵美」を初音ミクに重ねて読んでみたけれど
多分、それとも少し違うのだと思う。
なんとなく手探りで読み進めていった。

読後、すぐには、おもしろいとは思えなかった。
やっぱりどこかピンとこない。そのまま終わってしまった。
ただ、それより登場人物の悲哀漂う父親のやるせない姿がよかった。
なんだか胸が痛む。
反抗期を過ごした子供が
大人になって感じる罪悪感のようなものを感じた。

むしろこっちを主体にしたら面白かったのでは?と思うほど。
どうもこの特殊なアイドル像やパソコンをかけて「イコン」(聖画・アイコン)
というタイトルを説明する部分が大部分を占めてしまっているのが残念だった。


今野敏は好きだけど
やはりだいぶ作風は変わったんだなと感じる。
一貫して刑事ものを書いていることは変わりないが
前作蓬莱では「~なのだ。~なのだ。」の多用で若干ひっかかりを感じた。

説明がくどすぎるのだ。(真似ました。こんな感じ)

この作品でもまだそこらへんは残っているけどだいぶ減っている。



時代を感じるのに読んでみてよかったかな、という感想でした。
(時代背景、今野敏の作品の両方の意味で)

↑このページのトップヘ